2012年09月24

ミスカミスカ®物語4

テーマ:ミスカミスカ

「ミスカミスカⓇ(MISKAMISKAⓇ)」の美容・アンチエイジング効果2:抗エラスターゼ活性

 ミスカミスカ®はエラスチンを分解する酵素エラスターゼの活性を阻害する働きがあることが薬理試験で検証されています。エラスチンは皮膚や靭帯などの伸縮性組織の重要な構成タンパク質です。ミスカミスカ®の利用によりエラスチンの分解が抑制されて、これらの組織の伸縮性が保持されるので、美容・アンチエイジング効果が期待できます。

エラスチン

 エラスチンはコラーゲンとともに皮膚、靭帯、動脈、肺、子宮などの組織を構成するタンパク質です。これらの組織は伸縮性が要求されますが、その機能はエラスチンによって与えられています。それでエラスチンは弾性タンパク質と呼ばれています。なぜエラスチンに伸縮性があるかは、そのアミノ酸組成と分子内と分子間の架橋構造にあります。グリシンが30%以上、アラニンとバリンと合わせて30%強、プロリン10%強で、トリプトファン、ヒスチジン、メチオニンは無く、システインは1%以下で、親水性のアミノ酸含量が少なく、非常に疎水性です。また、30%以上を占めるグリシンがランダムに分布しています。その上デスモシン、イソデスモシン、リシノノルロイシンなどによる分子内および分子間架橋が形成されていますので、ゴムのような弾性を示します。エラスチンはコラーゲンとともに細胞外へ分泌されて、細胞間隙で会合して、線維構造を構築して、皮膚や動脈などの組織を構成するので構造タンパク質とも言われています。ヒトのエラスチン含量は皮膚の真皮部の2~5%、靭帯の80%、動脈の50%、肺の20%を占めています。エラスチンは、一旦形成されると非常に安定でターンオーバー時間が長いですが、老化とともに分解されても生成されにくくなり、中年期には25%以上減少します。生体内のエラスターゼが働いて分解されると皮膚や靭帯は弾性を失います。

エラスターゼ

 エラスターゼは膵臓のβ細胞で生合成され、生体内の各部位に存在する酵素です。エラスチン分子のペプチド結合の中性アミノ酸(アラニン、グリシン、セリン、バリンなど)を認識して、その認識アミノ酸のC末端側のアミノ酸がプロリン以外のアミノ酸であれば、そのペプチド結合を加水分解により切断する基質特異性の低いタンパク質分解酵素です。この酵素により真皮、靭帯、動脈のエラスチンが分解されると、これらの組織の伸縮性が消失して、機能が低下します。特に肌に紫外線が当たって、炎症が起きると、この酵素は活性化されて、エラスチンの分解が促進されます。結果的に皮膚の老化現象であるシワやたるみの生成が進行します。

ミスカミスカ®の効能

 ミスカミスカ®には薬理試験の結果によりエラスチン分解酵素のエラスターゼの活性を阻害することが検証されました。ミスカミスカ®の摂取によりエラスターゼの働きが阻害され、生体内のエラスチン量が維持されます。そのことにより皮膚のたるみ、ハリ・弾力低下および靭帯、動脈、肺、子宮などの組織の伸縮性低下が防止されて、アンチエイジング効果が期待できます。
(文責 光永俊郎)

プロフィールPROFILE


光永 俊郎(みつなが としお)

農学博士。TOWA CORPORATION株式会社 学術顧問、近畿大学名誉教授、日本穀物科学研究会幹事、日本栄養・食糧学会(評議員・終身会員) 。2011年瑞宝小綬章授章。

最近の記事RECENT ENTRIES

テーマ一覧THEME

過去の記事ARCHIVES

製品情報PRODUCTS